赤城農水相、領収書公表を拒否 事務所費問題「公私混同ない」 介護用品と介護施設

赤城農水相、領収書公表を拒否 事務所費問題「公私混同ない」のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

赤城農水相、領収書公表を拒否 事務所費問題「公私混同ない」

【質屋出店】おとわやルイ.ヴィトン バッグLOUIS VUITTON【バケットGM】M42236モノグラム
 赤城徳彦農水相(衆院茨城1区)は10日、閣議後の記者会見で関係政治団体「赤城徳彦後援会」の事務所費問題について、「実家は地元の拠点で活動実体がある。両親の生活費を後援会の費用から出すなどの公私混同はない」と強調した。一方で同後援会の主たる事務所について、両親が住む実家からの移転を検討していることを明らかにした。

 領収書の公表や事務所別の経費の内訳など肝心の中身の説明については「政治資金規正法にのっとって処理し、収支報告書に記載している」とし、公表しない考えを示した。

 農水相は「10年間で約9000万円という経費は(茨城県内の)水戸と下妻の事務所、実家の事務所を積み上げて合算した金額。付け替えも架空経費もない」と説明。コピー費用などの細かい経費は事務所間で「案分している」とした。

 活動については「小選挙区制になり平成6年、水戸に事務所ができ、業務の中心になったため、実家の(役割の)割合は以前より低下したが、後援会幹部の会合などをしている」と説明。「両親には人件費も払っていない」とした。

 また別の政治団体「徳政会」が妻の実家(東京都世田谷区)を主たる事務所としていたことについて、農水相は「代表者が100歳を超え、会計責任者も80歳を迎えたため、この機に解散の申し出があり、9日に手続きをとった」と述べた。

 赤城徳彦後援会は2年からの16年間に計約1億2300万円の経常経費を計上...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


【質屋出店】おとわやシャネル バッグCHANEL【フラットトートバッグ】カンボンライン


◆手続関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年07月11日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。