[グッドウィル]派遣労働者が不透明な天引きを集団提訴へ 介護用品と介護施設

[グッドウィル]派遣労働者が不透明な天引きを集団提訴へのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

[グッドウィル]派遣労働者が不透明な天引きを集団提訴へ

三洋製動画デジカメ「DMX-C1」専用のリチウムイオン電池です。DB-L20 DMX-C1専用 リチウムイオ...
 人材派遣最大手のグッドウィル(東京都港区)が日雇い派遣の労働者の給与から「データ装備費」の名目で不透明な天引きをしていたのは不当利得にあたるとして、派遣労働者の組合「グッドウィルユニオン」は7日、同社を相手取り、全額返却を求める集団訴訟を起こす方針を固めた。日雇い派遣業界ではこうした不透明な天引きが横行しており、業界全体の体質を問う裁判として注目を集めそうだ。 グッドウィルは今年4月まで、1回の派遣につき200円を「データ装備費」として天引きしていた。労働者への説明は、「けがや物損の際の保険料」「備品の購入費」など支店によって異なり、批判の声が根強いことから5月に廃止。さらに組合の返却要求を受け、6月末に「賃金請求権の時効が2年」との理由で過去2年分、約37億円分の返却を発表した。 だが、天引きは95年の事業開始当初から行われており、組合側は「使途も不透明で、法的根拠もなく不当に利益を得ている」と強調する。さらに業界2位のフルキャストが1勤務当たり250円の「業務管理費」を創業時にさかのぼって返却すると決めたことで、後押しされた。 この日開かれた訴訟検討会では、出席した約40人のほぼ全員が提訴に同意。都内の支店に登録しているという男性(31)は「5年間勤務して、天引きされたデータ装備費は24万円に上る。2年の返却では到底納得できない。絶対に全額取り戻したい」と憤っていた。 グッドウィルユニオンは今後、全国から訴訟に加わる組合員を募る...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


WebCam Live! Ultra for NotebookWebCam Live! Ultra for Notebook


◆グッドウィル関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年07月15日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。