ハナ銀行、「韓国版マイクロクレジット」事業に着手へ(下) 介護用品と介護施設

ハナ銀行、「韓国版マイクロクレジット」事業に着手へ(下)のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

ハナ銀行、「韓国版マイクロクレジット」事業に着手へ(下)

キャパのある人が、成功する。
◆成功するかは未知数 ハナ銀行の事業モデルは、1人当たりの融資金額が大きく、また延滞比率が高くなれば、資金がすぐに底をつくという点で、「持続可能な事業モデル」であるかどうかについて疑問視する声が出ている。A銀行の自営業者向け融資の関係者は「専門性に欠ける市民団体が融資審査を行うというのでは、結局簡単に貸し付け、簡単に焦げ付くという結果になり、資金がすぐに枯渇することになりかねない」と指摘した。 実際、今回の事業は韓国史上初の実験的な事業であるため、成功するか否かについてはハナ銀行側も見通しを示せていない状況だ。同行では「利率が年4%以下でも資金を枯渇させずに運営していくためには、延滞比率を何%以下にしなければいけないか、といった点についての詳細な検討は行っていない」と話している。バングラデシュのグラミン銀行の場合、延滞比率は1%以下になるよう管理されており、「新規融資→元利金(元金と利息)の回収→融資の拡大」という好循環を維持している。 これについて、ハナ金融グループの尹喬重社長は「低所得層の人々が自立できるよう、創業資金を貸し付けようというものだけに、例え損失が出ても成功させていくことが重要だ」と強調した。■キーワード:マイクロクレジット 貧困からの脱出や経済的な自立を目的として、貧困層に対し無担保・無保証で少額(通常は100米ドル未満)を貸し付ける制度。少額のお金を貸し付けることから、「マイクロ」という名前がついている...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


KS-90S ( 90種類セット ) サンビー 勘定科目印セット


◆利息関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年07月16日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。