ソフトB斉藤和、復帰戦飾れず 介護用品と介護施設

ソフトB斉藤和、復帰戦飾れずのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

ソフトB斉藤和、復帰戦飾れず

検索しやすいインデックス付き不織布CD・DVDケース(両面収納)。ブラックモデル。CCD-016LBK 不...
<ソフトバンク2―3楽天>◇10日◇福岡ヤフードーム
 ソフトバンクがエースの復帰戦を白星で飾れなかった。右肩の筋疲労で2軍落ちした斉藤和巳投手(29)が、4月21日の日本ハム戦(東京ドーム)以来、80日ぶりに戦列復帰。毎回の7三振を奪う力投も、3回以降は毎回得点を許すなど、5回7安打3失点で今季2敗目を喫した。打線も6回以降は毎回先頭打者を安打で出しながら、3併殺の拙攻で楽天投手陣を打ち崩せず。高卒ルーキー田中に4連敗を喫した。
 エースの思いは届かなかった。最後の打者、代打明石が空振り三振に倒れると、斉藤和は口を真一文字に結び、選手サロンに引き揚げてきた。過去、6戦5勝と抜群の相性を誇る楽天戦で5回7安打3失点。80日ぶりの1軍復帰登板は、黒星で幕を閉じた。「期待に応えられなかったので、悔しい思いがありますけど…」。斉藤和は目を真っ赤にはらし、涙を必死にこらえて話した。
 地元ファンの熱烈な拍手に迎えられ、斉藤和は本拠地マウンドに“帰還”した。初回1死一塁で迎えた3番礒部から、2回先頭の山崎武まで3者連続三振を記録。直球の最速は148キロを計測するなど、気迫あふれる投球で“空白の80日間”を感じさせない姿を披露したが、ブランクの影響は甘くはなかった。50球を超えた3回から直球はシュート回転し、変化球も思うように制球できず、5回まで3イニング連続で失点した。
 当初、首脳陣の中では7日の西武戦(グッドウィルドーム)での先発復帰案があった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


SANKYOのパチスロ機第1弾がPCでゲーム化!FEVER PC Vol.4 ボンバーパワフル


◆グッドウィル関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年07月16日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。