参議院 兵庫県選挙区 各候補者が有権者にアピール 介護用品と介護施設

参議院 兵庫県選挙区 各候補者が有権者にアピールのページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

参議院 兵庫県選挙区 各候補者が有権者にアピール

市民自治の可能性
【PJ 2007年07月23日】- 参議院選挙は全国で選挙戦が繰り広げられている。今回の争点は年金問題や格差など安倍内閣の信任選挙に近い情況であり、もちろんそれを決めるのは有権者の一票であることはいうまでもない。兵庫県でも5人の候補者が有権者に自らの主張を必死にアピールして支持を訴えている。

 参議院兵庫選挙区は届け出順に、鴻池 祥肇(こうのいけ・よしただ 自民・現)、原 和美(はら・かずみ 諸派・新)、堀内 照文 (ほるうち・てるふみ 共産・新)、辻 泰弘(つじ・やすひろ 民主・現)、西田 幸光 (にしだ・ゆきみつ 無所属・新)の各氏。

 自民党現職の鴻池祥肇氏は今回の選挙は「ホント大変です」といいながらも街頭演説を精力的にこなし支持を求めていた。20日の神戸・西神中央での街頭演説では「正直なものが報われず、正直でないものが報われる社会にイエスがノーか」である選挙と位置づけ「教育改革だ。いじめ、自殺、ゆとり教育での学力低下、礼儀正しくないのが現状。道徳教育や、日本の美しい伝統が入っていない」と野党の教育改革反対を批判し教育基本法改正の実績をアピール。

 また、憲法改正についても「戦争のできる国にするつもりは毛頭ない。国権の発動たる戦争はしないとした上で、国を守るため自衛隊は必要。9条の(平和主義)の哲学をベースにした改正を。不備があれば改正しなければならない」と平和と安全のための改正であることを強調した...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


果たせない約束


◆市議関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
スポンサーサイト

2007年07月27日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。