北アルプスで見つけたぞ、魅力の山小屋はここだ!(上) 介護用品と介護施設

北アルプスで見つけたぞ、魅力の山小屋はここだ!(上)のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

北アルプスで見つけたぞ、魅力の山小屋はここだ!(上)

【大幅値下げ!激安スタート】最高クラスの美珠「4067弾♪南洋白蝶真珠 パールピアス ホワイト...
【PJ 2007年07月27日】- 北アルプスの烏帽子から槍ヶ岳ルートは裏銀座と呼ばれている。雪が解けた7月下旬ともなると、標高3000メートルに近い稜線や、谷間には高山植物が彩り豊かに咲き乱れる。遠景、近景が登山者の目を楽しませくれる。とくに砂礫岩の山容となると、それが白い屏風となり、赤、黄色、紫、ピンクの原色の花を引き立たせる。濃緑のハイ松の周辺には雷鳥の親子らが遊ぶ。裏銀座は一日の行程が長く、健脚者向きだ。しかし、経験が浅くても、夏に限定すれば、ベテラン登山者が同行すれば、魅力たっぷりのアルプスが十二分に楽しめる。

 裏銀座のほぼ中間地点には、野口五郎岳(2924メートル)が聳(そび)える。山頂直下の鞍部(あんぶ)には、伝統的な古風な野口五郎小屋がある。北アルプスでは9番目に高い山小屋で、経験豊富な登山者のみならず、若い登山者たちにも人気がある。この小屋を目指すフアンもいるほどだ。

 このたび野口五郎小屋の魅力を徹底して探究してみた。山小屋主の上條盛親(もりちか 62)さんは北アルプス随一の酒豪。人柄の良さでも秀でている、という高い評価だ。昔ながらの情緒が存分に楽しめる山小屋だと聞いて訪ねてみた。

 山小屋の魅力は『酒を飲み、小屋主や家族から山の話を聞く。見知らぬ登山者どうしが一期一会で語り合う』。登山者にとって、それが何ものにも変えがたいものだ。野口五郎小屋に入ると、受け付けと隣り合う板の間では、ストーブにのった大きな鉄瓶(てつびん)が湯気をあげている...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


春ウコン・白ウコン・紫ウコンの沖縄産ミックスうこん!【送料無料】融合ウコン2本セット


◆花関連ブログ記事
やっぱり気になりました!
昨日から凄く気になっていたので ちょっと見に行って来ました。 時間をずらしたのでからすうり の花を見ることが出来ました。 萎んでいる姿と違ってとても綺麗 な白い花でした♪ずっと前から 見たかったので感動しました☆ ついでに終わり ...

初投稿
ブログを開設し始めて投稿してみました。ドキドキです。 これから勉強して花や美味しい食べ物などの写真を載せたいと 思います。

花ざかりの君たちへ ~イケメン♂パラ...
佐野がooo 佐野がoooみずきに抱きついたooo キャー キャー キャー マヂびっくり!!!! ぁの佐野が抱きついたooo 中津も見てたし 三角関係だぁ↑↑ 三角関係の恋は見てて燃える!!(どんなやつooo 最近 ...


スポンサーサイト

2007年08月08日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。