夏の風物詩、日本有数の朝顔展=京都府立植物園 介護用品と介護施設

夏の風物詩、日本有数の朝顔展=京都府立植物園のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

夏の風物詩、日本有数の朝顔展=京都府立植物園

繊細に彫り込まれています。■龍香堂■☆柘植 懐中観音【1円08】
【PJ 2007年07月29日】- 27日、京都府立植物園で「第48回朝顔展」がはじまった。本展示会は日本有数の規模、内容を誇り、期間中は鉢の入れ替えが毎日行われて、その展示数は延べ約1500点におよぶ。

 「くすのき並木」に設けられた展示場には、色とりどりの朝顔が大輪の花を咲かせていた。暑い日ではあったが、木陰に並んだ朝顔の鉢が、涼しげな風情を漂わせている。もっとも、涼しいのは朝顔がかもし出す雰囲気だけではなく、くすのき並木という場所自体、蒸散によって気化熱が奪われるため、実際にも涼しいのだそうだ。

 鉢の植え方もさまざまで、つるを伸ばして支柱に巻きつける「行灯作り」というものや、つるを伸ばさない仕立て方のもの、吊り下げ型の鉢に植えられたものなどがあった。
 
 朝顔は、奈良時代に中国から薬用として輸入され、その後、江戸時代に入って、観賞用に栽培されるようになった。展示は、花径が20センチ以上になるものもある大輪の青葉種、青葉種ほど大きくは咲かないが花色が豊富な黄葉種、そして、帯状になった茎や、縮れた葉、花弁が裂けたものなど、珍しい株の交配により作り出された変化朝顔の、三つのグループで構成されていた。

 展示期間中、植物園は朝の6時30分から開園しており、朝顔の見頃は、11時頃までだという。種子などの販売もされている。31日まで。また、同植物園では、宿根草園の蓮が見頃を迎えている。【了】

■関連情報
京都府立植物園、朝顔展の案内http://www.pref.kyoto.jp/plant/1185083393282.html

PJニュース.net

(引用 livedoorニュース)


ネットで話題騒然の驚異のダイエットジェル誕生!【バーニッシュマッハスピードジェル】


◆蓮関連ブログ記事
もろーん
... 幼少の頃から真田幸村柳手塚は知り合いだったということで、 塚幸はありえるということが判明した しかし、私の一押しはブン幸の真幸の蓮→幸のニオブンがだいすっきー!! 同士さんいないかな あぁ!もう! 早く夏コミでハァハァし ...

法隆寺に行って来ました3
... 天井には蓮のモチーフが用いられている。 東宝蔵は衣服に面、飾りなど小物類が展示されていた。舞台衣装らしいが、鼠の柄とはまた……むしろ新しい気がする。色とりどりの鼠の中で、鮮やかな紫色をした鼠が印象深かった。七星刀や弓もある。 ...

電気ブラン【無季】
デンキブラン浅草一ノ一ノ一 や、ただの語呂合わせですすいません。 神谷バーや、そのオリジナルカクテル“デンキブラン”をご存じないかたのために簡単な説明リンク。 ...


スポンサーサイト

2007年08月10日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。